大阪府大東市で司法書士に相談 債務整理 労働問題 大阪 京都 奈良 兵庫 神戸 関西対応

''労働事件の密室性''

トップ > 労働事件 >労働事件の密室性>労働トラブル>手続きについて>セクハラについて

労働事件の密室性

働事件は、職場という密室で発生しています。

労働事件で必要となるのは、そんな密室での出来事を押さえた証拠です。

多くの場合、証拠として必要になるのが

まず就業規則など書類になっているもの。

しかし、書類だけが証拠とは限りません。

問題は書類になっていないものです。

口約束や口頭での理由の説明など。

これを立証することが極めて難しいのです。

証拠取り

ただ、労働事件の特異性に、具体的紛争状態に入る前に相手方と会う機会、会社内にある資料などを閲覧できることが必ずしも少なくないことが挙げられます。

辞めてしまう前に動き出せば、それなりの証拠が得られる可能性があります。辞めてからでも、なるだけ早いタイミングなら、証拠が得られるかもしれません。

紛争状態に入る前に必要なものは押さえておかなければなりません。

このことが、労働事件では本当に大事で、
本当に困ってからでは、手遅れになることが多いのです。

ですので、押さえるものはなにかについて、とにかく、いち早く考えて置かなければなりません。

ですので、とにかくまずは相談が必要なことが多いのが、労働事件の特色です。

さて、ご相談の多い、イジメやセクハラ、残業代について見てみたいと思います。

→具体的な労働トラブルについて

疑問点があればまずはお問い合わせ

トップ > 労働事件 >労働事件の密室性>労働トラブル>手続きについて>セクハラについて



大阪の司法書士 鈴木啓太 
アクセス お問い合せ
JR学研都市線住道駅(大阪府大東市)から徒歩3分
東大阪市・門真市からもスグです。

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional